共感をもっていただいた応援に感涙

河かおるさんは、パワーポイントを駆使して、大椿候補への応援を展開された。(以下、その要旨メモ)

大学で労働組合はあっても、労働者の過半数を代表している組合はまだまだ少ない。正規・非正規の人も当然加入できる組織で、組合員として足りないことは変えようとしてきたけれども、よく考えれば、ただ法律を守らせているだけ。あたりまえの、法律を守らせることに、何でこんなに時間をかけ、エネルギーを費やさなあかんのか? と思ってしまう。

大椿さんと同じように、障がい学生支援コーディネーターは、私の大学では3年前から始まったけれど、あと2年で辞めさせられる不安定な状態だということを、学生も知らないし、周りの人は殆ど知らずにいる。異動で代わりの人をあてがえば文句ないでしょ と思われているけれど、人に対するサービスだからもっと大事に考えられるべき。労働組合の役割もあるし、大椿さんが、国会議員になって法案審議に当事者の声を出していくのは、絶対必要なこと。

1926年能登川での労働組合ストライキを報道する東亜日報

 

滋賀県の中で、初めて労働組合を結成し、ストライキをしたのは 1926年能登川の会社員。(へえ~~ 初めて知ったワ)近年の韓国研究を通してみても、非正規保護法が成立するのに、スーパーの非正規労働者が510日間ストライキで頑張った。当事者が声をあげ、行動している。日本の政治でも、大椿さんのように、当事者が堂々と声を出すのを当たり前にしていきたい。

 

差別と分断を許さない済州島のシンボルに

韓国済州島4・3事件から70周年、文大統領も出席した式典で、差別や分断を許さないシンボルとして、大きな椿が用いられていた。

大椿ゆうこさんが、平和憲法に根差した政治の実現に向けて訴えておられることに共感し、ともに頑張っていきましょう!

 

 

このミニ講演ともいえる応援をうけた参加者一同。大椿ゆうこは、「これだけのものを、愛をこめて作っていただいたのですね。ありがとうございます。」と感激に震えながら、最終盤の選挙に挑む決意を鮮明に力強く、述べた。

「街頭で演説していると、”そんなことしてたら韓国みたいになるでェ” と合の手を入れて来られることがある。私は、そういう人と話しあいたいけれども、たいがい 大椿をひるませてやろう と思ってはるみたい。今の河さんのお話を聞いていて、ますます力が湧いてきました。あと2日間、労働者を使い捨てにさせないために、できることをやって、やって、やりまくろうと思います。社民党の議席は、0から2 といわれているけれど、2 にできるようにがんばりますので、よろしくお願いします。」

 

大雨をついて走る 大椿ゆうこ街宣車 

18日、3時頃から突然の土砂降りが始まり、予定変更しながらも大椿ゆうこは街宣。

労働者の使い捨てを許さない! 非正規労働でクビきりされた当事者の声を聞け!

 

夕方の個人演説会で、ずっと同行していただいた中川てつやさん(平和と市民自治のまち大津をともにつくる会代表)がエピソードを紹介された。

はっきりもの言う大椿さんのすばらしさを紹介する中川さん

「自民党の候補応援に、今日は安倍首相が近江八幡に来ている というので、自民党事務所の近くで大椿さんは、沖縄辺野古の新基地を作らないで! とマイクで訴えた。相手をよくみ、考えて、即座に、はっきりもの言う大椿さんは素晴らしい。ぜひ国会で活躍してもらいたい。」「みなさん、一緒に、大津ゆうこさんを押し広めましょう!」

 

解雇された当事者 大椿ゆうこ の声を国会審議に

社民党は、憲法を活かし、支えあう社会をめざしている。

社民党の比例候補 大椿ゆうこ が、18日11時から草津駅前で、訴えた。

自己責任論で片付けられないよう、当事者の声を国会論議で出そう と訴える大椿ゆうこ候補

「就職氷河期の私たちの多くは、仕事があるだけでもありがたい。酷い仕打ちをうけても、自己責任、自己責任だと言われて来た。労働者の4割が、非正規。安倍政権は経済界と一体になって、労働者をナメている。」「安倍総理は、人生再設計第一世代 と名付けて、正規化を図ると言い始めたが、安倍語録・言葉に騙されている訳にはいかない。」

「憲法に根ざし、人間らしくいきいきと働けるよう、国会の議論の中に、クビきりされた当事者の声を反映させよう! 過労死で大事な家族や友人を失った悔しさを、投票で晴らそう! 人生は、私たち自身のもの。人生設計は私たち自身が立てるもの。労働者の使い捨てを許さない! 支えあいの社会をめざす 社民党、社民党 大椿ゆうこに投票してください!」

18日 社民党比例区候補 大椿ゆうこ 個人演説会に来てください

大椿ゆうこ候補は、自ら「クビきり」にあった体験者で、労働運動から、政治の重要性を自覚し、社民党の候補者になる決断をした人です。

人間らしい誇りをもって働くことができる仕組みを作らなくてはならない。労働者の使い捨てを許さない!! と、選挙戦を闘っています。

大椿ゆうこ宣伝車は、18日と19日、滋賀県内で運行活動します。(一緒に活動してみたいと思われる方、短時間でも大歓迎です。お知らせください)

18日(木)18時30分から、男女共同参画センター視聴覚室(近江八幡市鷹飼町)で、大椿ゆうこの個人演説会を開きます。会場入口に懸ける垂幕の原稿が、漸くできました。

大椿ゆうこ候補の演説こそ大事です。安倍首相の働き方改革、入管法改正で外国人労働者に依存する社会でいいのか? 暮らしの周りにある問題をともに考え、生活を応援する政治に変えられるよう頑張っていきます。みなさんからのご意見もお聞かせください。

18日(木)18時30分から、男女共同参画センター視聴覚室へぜひおいでください。かだ由紀子候補も来ていただく予定です。

社民党 支え合いの社会へ 宣伝車で訴え

ああ、選挙は候補者を出す能力次第!?

社民党の比例区候補は全体で4人。比例区の宣伝車運行配分で、昨夜奈良から引き継ぎ、本日は貴重な1日間で、滋賀県内で活動。

朝8時から、小坂代表を先頭に出発。蒸し暑い中でも、届出ビラ2号を、予定以上に配布することができてる と現場報告。心をこめて、憲法を活かし、一人ひとりの人権を大切にする社会に向けて、憲法変えずに政治を変えようと 街角ミニ演説で訴えます。

参議院選挙、一つ目の投票は、選挙区で、かだ由紀子。二つ目の投票は、比例区で、社民党・社民党と書いてください。

明後日、18日は、比例区候補 大椿ゆうことともに県内各地をおじゃまします。よろしく。

 

 

野党統一候補 かだ由紀子個人演説会

12日夜、教育会館で開催された個人演説会で、最初の応援弁士として社民党小坂淑子代表が立った。遠洋漁業の歴史の中で、カナリア諸島の周辺で日本の代表的な船会社が漁をし、缶詰にしたころーーーー武器を一切もたないで遠洋航海をする日本の漁船に対し、現地の人々は大いに感激し、日本が平和憲法のもとで世界的に活躍する国だということを称えて、大きな石碑が作られた。ぜひその現地を訪問し、平和憲法のもとで暮らせる者として誉れ高いことを喜び、交流したいと思っているーーーーと紹介し、憲法9条に自衛隊を書き加えさせないためにも、ぜひかだ由紀子候補への投票の輪を、もっと広げよう!! と訴えた。

先の演説会場から移動してきたかだ候補は、運動会の選手のようなハチマキスタイルで颯爽と登場。

140万人、様々な考えの人たちが暮らしているのに、参議院議員2人も衆議院議員4人もぜ~んぶ自民党の人、いえ、安倍総理大臣のやり方でいい と考えている国会議員ばかりでいいのでしょうか? と聴衆に語りかけた    かだ候補。

学生と船で琵琶湖に出、湖水を飲んだりしてきたのは、飲める水を湛えている琵琶湖を放射能で汚染させたり、生き物の数量が減っていってはならないとの思いから、よく考え行動できる若者を育てるために実践してきたこと。

女性が子どもを産み、育てられやすい環境をつくるために、大切な予算を優先的に充てられるようにする など、具体的な政策を披歴するうちに終了時刻となってしまった。

 

 

期日前投票で、「かだ候補に投票してきたで。」と仰る方もあるけれど、まだまだこれから。もれなく投票してもらえるよう、かだ候補と社民党、がんばります。

 

参議院選挙で 支えあう社会に

憲法変えずに、政治を変えて、支えあう社会にしたい。

3年前の参議院選挙をふまえ、滋賀県選挙区では、市民と野党が力を合わせて統一候補をつくるための政策論議を重ね、6月3日、嘉田由紀子さんと立憲民主党・国民民主党・日本共産党・社民党の4野党が政策協定を調印した。

さらに、社民党滋賀県連合は、6月1日に「第25回参議院議員選挙における確認書」を交わして、嘉田由紀子候補の推薦を決定した。

一、憲法第28条に謳われた労働者の団結権、団体交渉権、団体行動権を保障し、国際的に指摘されるような劣位にいつまでも留めないよう努力する。

一、外国人労働者を地域社会の一員として迎えることが重要である。また既に居住している外国人に対しても、労働・教育・生活など国籍や文化の違いを尊重し、一切の差別的制度を解消するよう努力する。

 

比例区は、労働者を使い捨てにさせない政治を実現するため、「首切り」された体験をもつ当事者、大椿ゆうこ候補の当選をめざして、全力で取組んでいる。社民党が2%以上の得票を得て、引き続き政党としてがんばれるように、奮闘中である。皆さまのご支援をよろしくお願いします。

 

いつも協力くださっているお宅で、今回も社民党ポスター掲示!4日の公示日から晴れた日が続いて、ポスター掲示活動が順調に進んだ。いつもご協力くださるお宅にも、貼らせてもらえて、道路からもよく見える。ありがとうございます。

 

5月29日 大椿ゆうこさんと ハッキリ言いましょ会 

社民党では、憲法9条をまもることはもちろん、憲法第28条に則り誰もが働く権利を保障されるように、有期雇用で解雇された苦い体験をもつ大椿ゆうこさんを、ぜひ国会に送りたいと準備活動をしています。

5月29日、大椿ゆうこさんは、滋賀へは文字通り初めて。いえ、実は「お友だちの所へは来たことがあるけどこのあたりではなく~~」で、愛媛県での活動から続けて、ポスターなどいっぱい持って駆けつけられました。夕方、ハッキリ言いましょ会 を開きました。内容をそのままご覧いただけます。

 

今の政治に言いたいことはいっぱいある。でも、小さな声がかき消されて、命まで奪われている。こんな政治を、かえていくのは、私たち自身。そうだ!

今機会を逃した方でも、6月3日(月)夜7時から、アクティ近江八幡2階研修室へおいでください。

ちょっと一緒に考えてみる

車道との間の植木が、緑色に輝いている大津署前で、労働組合活動した関西生コンの役員が長期勾留されているのに抗議し、支援している仲間のみなさんと一緒に並んだ。

こんなにいい天気の休日なのに、自由を奪われているのは、本当に辛く、しんどいことだろう。同僚組合員の方が、仕事を通して、安全な建造物を作るためにも、適切な調合をした生コンクリートを運ぶ責務がある と、組合活動の一環で取組んだことなど、誇りをもって、署内にいる仲間に聞こえるように、また、市民にわかるように、マイクを握って訴えられた。

ちょっと一緒に考えてみるそういえば思い起こしたことがある。

かつて大津市教職員組合の活動として、毎年教育白書運動をし、学校の隅から隅まで、子どもたちにとって安全か、快適か、修理を頼めば、教育委員会はすぐに対応してくれているか、細かな記録をとって、全校園で公表し、公正で計画的にされるよう教育委員会に申し入れていたことがある。校園長は、もちろん管理職として随時教委に連絡しているが、「予算がない」とか、「原因がわからない」とか言われて、現場の願いが実現しなかった事も多く、組合も一緒にする取組みだった。

原因がわからない事案トップの「雨漏り」は、廊下に水たまりができ、子どもたちが滑ると危ない! 何年も続けて要求したことがある。晴天続きなのに、最上階でもないのに、配管関係でもないのに、「雨漏り」し、水がにじみ出て来てとまらない。新しい校舎でも起こる珍現象だった。

これは、しゃぶしゃぶの生コンがまじっていたからではないだろうか? 流入人口が増え、校舎の増築、分離や新設校の建設に追われている時期だった。教育委員会の担当者が、しっかり資格をもって、建設現場をチェックしていたのだろうか? 指摘して、改善されたのか? いろいろ思いおこしているうち、大阪北部地震の際に、倒壊したブロック塀で子どもさんが亡くなった事故で、十分知識をもたない職員が目視だけ続けていたことが、問題になった。どんなに謝罪をし、補償金をお支払いしても、失われた命は二度と帰ってこない。

仕事を通して、「おかしいことは、おかしい」と指摘し、改善提案を的確にできる労働者が一人でも多くいれば、結果的に値打ちのある事業ができ、安心できるまちに通じるのではないだろうか。コンプライアンスを奨励していても、上滑りではならない。まして、逮捕・長期勾留は、人権侵害だ。

通りがかりの市民の方が、ビラを受け取ってくださると、一緒に考えてもらえそうで、とっても嬉しい。

老朽原発うごかすな!

5月19日、老朽原発うごかすな! 関電包囲全国集会が開かれ、750名の参加者のみなさんと一緒に、滋賀からも「事故が起きる前に、運転止めよ」と気勢をあげ、御堂筋デモを行いました。

 

 

 

 

 

 

原発は一たび重大事故をおこせば、職場を奪い、農地を奪い、海を奪い、人の命と尊厳を一瞬のうちに奪い去ることを、みんな知っています。福島第1原発事故から8年余が経ちましたが、今でも多くの被害者が、苦難の生活を強いられています。事故原因はわからず、汚染水はたまり続けている一方で、外国人労働者に過酷な仕事を押し付けようとするなど、安倍政権は、無責任な東電と一体的に悪政を続けています。

3月24日の高浜原発の地元集会にも参加し、再稼働しないよう要請しました。