福井(大飯・美浜)原発から風船飛ばし 放射性物質の汚染は、東海地方まで

沢田たか子(滋賀県議会議員)市民後援会では、福井県内の原発で重大事故が起きた場合、放射性物質で
琵琶湖が汚染されることを想定し、原発から風船を飛ばして風向きを調査する計画を立てた。
この風船を飛ばす計画は、沢田たか子県議と後援会会員多数がバス研修という形で参加をした。
当日、大飯原発と美浜原発から各300個の風船を飛ばし風向き調査を行った。飛ばしてから3時間後には
、三重県いなべ市より拾ったと連絡が入り、参加者一同原発事故が起これば、風向きにより琵琶湖は
放射性物質で汚染されることが確実だと実感した。
そのほか、三重県四日市市・愛知県稲沢市・岐阜県海津市・愛知県設楽町・滋賀県彦根市より拾得情報が
よせられている(29日現在、7件)。
m-12-11-29-1jpg.jpg

1 個のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

株式の入門 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください