社民党 滋賀県連合 公式ウェブサイト

キャッチフレーズ「がんこに平和、げんきに福祉、暮らしにうるおい」

社民党滋賀県連合が推薦する候補者のみなさん

社民党滋賀県連合では、次回の自治体議会選挙で、平和憲法を守り続ける議員を一人でも増やしたいと考えています。私たちが依頼をうけて推薦する皆さんを、3月6日に公表しました。

(敬称 略)アンダーラインは新人。

定数
44
チーム滋賀公認 立憲公認 無所属 共産党公認 市議
大津10 成田 政隆(国)

河井 昭成(国

佐口 佳恵 節木 三千代

黄野瀬 明子

草川 肇(立)

中川 哲也

草津4 山本 正(国)
守山2 小川 泰江(国)
栗東2 田村 隆光
湖南2 塚本 茂樹(国)
近江八幡・竜王3 今江 政彦(国) 井上 佐由利  
東近江・日野・愛荘5 井阪 尚司

坂口 明徳

松本 利寛  
彦根・犬上4 江畑 弥八郎
米原1 角田 航也(国)
長浜4 大橋 通伸(国)

幹事会に佐口よしえさん訪問


iPadから送信

当選証書

佐口よしえさんが先ほど当選証書もらってきました!!お世話になりました。

佐口よしえさん当選証書

社民党推薦の佐口よしえ当選!

佐口よしえ選対事務事務局長小坂よしこ(社民党滋賀県連合代表)と県議選挙初当選を喜ぶ!

iPadから送信

佐口よしえ選対事務所

社民党滋賀県連合第1支部全力支援‼️

iPadから送信

推薦したみなさんと、政策協定をかわしました

私たち社民党は、2017年の衆議院選挙以降も、市民と野党の共闘をすすめ、憲法9条改悪反対!3000万人署名などに取組んできました。
そして、暴走し、民主主義を破壊している国政に国民の思いが届かないのは、各自治体議会において請願や意見書が採択されないからだと痛感してきました。

一生懸命働いても報われず、不平等や弱肉強食が続くのは本当に悲しいことです。
社民党は、県議会においても、憲法に基づいた確固とした議員を擁立するため努力してきましたが、党公認では実現できなかったので、推薦要請を受けた方とは、十分話し合って、協定を交わし、推薦を決めました。
また日本国憲法に関する考えを自由に記述していただき、暮らしと政治、憲法を活かし繋いでもらえる候補者だと確信しています。

明日29日から、県議会議員選挙が始まります。
社民党が推薦したみなさんの演説や公約を、ぜひともよくお聞きください。
党員も、一生懸命運動し、7日までに必ず投票します。


 icon-paperclip 2019年自治体議員選挙における政策協定書(案)はこちらをご覧ください。
(PDFファイル)(データサイズ127KB)

ブログを移転しました。

旧ブログから移転しました。
今後はこちらのURLで発信していきます。よろしくお願い致します。

2019.03.09 原発のない社会へ2019に出店しました。

社民党も出店しました。

2019.03.09 原発のない社会へ2019 社民党滋賀県連合 出店の様子 

社民党時局講演会 in 滋賀@彦根勤労福祉会館4階大ホール

社会民主党滋賀県連合主催で時局講演会 を行いました。
87名の参加者があり大変盛況となりました。

講演1「農と食の未来」
講演者:本田克巳さん
(全日農中央常任委員、京都府総連合会副会長)

安倍政権は農政改革を立て続けに強行し、農協つぶし、米の生産調整の廃止、種子法の廃止等、戦後の農政を解体しようとしています。

「農業を続けて地域を守りたい」「子どもたちを健康に育てたい」という農家の願いと、「安全安心な食べ物を大地からもらいたい」と望む消費者の願いを、踏みにじっています。
種子法の廃止に続き、種苗法の改悪、そして、TPP共謀罪の関連と、私たち市民に対してものを言わせぬ社会が準備されかけている問題を、いっしょに考えます。


講演2「野党共闘で憲法を活かす国会に(暴走する安倍政権を斬る!)」
講演者:又市征治(社民党党首)

安倍政権は、森友学園や加計学園問題、自衛隊の日報隠しや文民統制機能喪失など、さらに福島原発事故の徹底究明など、だれも責任をとらず、民主主義の根幹を揺るがしています。

安倍暴走政治を徹底追及し、総辞職に追 い込み、立憲野党と共闘し2019年の参議院選にむけ、市民生活の中で憲法の良さをだれもが実感できる政治にむけて語ります。

会場の様子
社民党時局講演会 in 滋賀 会場全体の様子

質疑応答の様子
質疑応答の様子

関西生コン労組支部役員の不当逮捕について抗議

9月30日関西生コン労組支部の役員が不当逮捕に関連して、滋賀県大津署前にて、
抗議集会が開かれた。
今回の滋賀県警の不当逮捕弾圧は労働者の権利と生活を守るために、生コン業界
民主化を進めめてきた産業政策・運動に対する弾圧である。沖縄の新基地建設反対運動
や脱原発など、労働組合の社会的使命にもとづいた前の労働運動を圧殺しょうとする
安倍政権の意図を反映したものと言える。
 社民党滋賀県連合は連帯のあいさつを冒頭述べて集会に参加した。
m-18-9-30-3jpg.jpg
m-18-9-30-1jpg.jpg