参議院選挙で 支えあう社会に

憲法変えずに、政治を変えて、支えあう社会にしたい。

3年前の参議院選挙をふまえ、滋賀県選挙区では、市民と野党が力を合わせて統一候補をつくるための政策論議を重ね、6月3日、嘉田由紀子さんと立憲民主党・国民民主党・日本共産党・社民党の4野党が政策協定を調印した。

さらに、社民党滋賀県連合は、6月1日に「第25回参議院議員選挙における確認書」を交わして、嘉田由紀子候補の推薦を決定した。

一、憲法第28条に謳われた労働者の団結権、団体交渉権、団体行動権を保障し、国際的に指摘されるような劣位にいつまでも留めないよう努力する。

一、外国人労働者を地域社会の一員として迎えることが重要である。また既に居住している外国人に対しても、労働・教育・生活など国籍や文化の違いを尊重し、一切の差別的制度を解消するよう努力する。

 

比例区は、労働者を使い捨てにさせない政治を実現するため、「首切り」された体験をもつ当事者、大椿ゆうこ候補の当選をめざして、全力で取組んでいる。社民党が2%以上の得票を得て、引き続き政党としてがんばれるように、奮闘中である。皆さまのご支援をよろしくお願いします。

 

いつも協力くださっているお宅で、今回も社民党ポスター掲示!4日の公示日から晴れた日が続いて、ポスター掲示活動が順調に進んだ。いつもご協力くださるお宅にも、貼らせてもらえて、道路からもよく見える。ありがとうございます。

 

1 個のコメント

    • びえろん on 2019年7月14日 at 8:33 午後
    • 返信

    参議院選挙も大詰めになってきましたが、有権者の皆様は「大椿ゆうこ」候補への投票を、よろしくお願いします。

    今日、吹き荒れる新自由主義ですが、これの嚆矢は1980年代のナカソネ政権。あの時、国鉄、電電公社、専売公社が民営化されました。その流れは小泉・竹中政権での郵政民営化に続き、安倍政権では水道、国有林野、漁業関係まで拡大に向かっています。民営化と書きましたが、実態は私有化です。それを安く手に入れるのは、世界の金融を支配する国際金融支配寡頭勢力です。中でも有名なのが、欧州のロスチャイルドなのです。

    ナカソネ以来の新自由主義政策は、1%の支配階級が99%の人民から収奪する、きわめて下劣な手法です。この日本の支配階級が、経団連なのです。自民党は、1%の支配階級に奉仕する政治を行っている。非正規労働の導入は、ナカソネ政権で行われ、小泉・竹中政権で大幅拡大したのです。

    これにより多くの非正規雇用労働者が、OECD加盟諸国で最低クラスの賃金しか得ることが出来ない。正規雇用労働者も、それに引きずられて賃金は下がるばかり。しかも非正規雇用労働者は永続的な雇用は約束されていない。いつ襲い掛かる解雇の恐怖に怯えなくてはならない。これを「雇い止め」と言うそうですが、こんな単語、むかしはありませんでした。

    大椿さんは、東京に行って経団連本部前で抗議の演説をされたそうです。ここまでやってくれる候補者、他にいますか !

    今日の貧困社会の元凶と言えば竹中平蔵ですが、奴を起用したのは小泉純一郎。民間議員などと言う、江戸時代でいえば、「側用人」制度を作って、それに竹中平蔵を就任させ、やりたい放題の社会破壊を行なった。奴のバックには、アメリカ帝国主義勢力(いわゆる戦争屋)がいます。竹中はCSISの日本側で高い地位を占めていると推測されています。

    アメリカは産業空洞化が著しく、軍需産業と金融しかロクな産業は残っていないから、日本に1機147億円のF-35を買わせるのです。イージス・アショア。あれ2基で8,000億円ですよ ! 一方で福祉や医療は削られています。難病、重病はいつ襲ってくるか分からない。福島第一原発は、ますますひどい状況です。5号機、6号機から白い煙が上がっている事実も、ワザと安倍政権は報道させていない。今や日本に住んでいる人は、程度の違いはあるものの全員被ばくしているのです。病気になったら、毎月の給与どころかボーナスも吹き飛びます。

    文章、長くなりましたが、このまま安倍政権を続けたら日本社会は全滅します。これを変える突破口は、大椿ゆうこ候補に投票することです !

    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください