来年4月1日から変わる原発の検査方法

10月19日、老朽原発うごかすな キャンペーン 滋賀県集会が開かれ、原発の検査基準の改悪が計画されていることと、その危険性について、大阪府立大学名誉教授の長沢啓行氏から講演を受けました。

 

この新検査制度の最大の目的は、電力会社に「安全確保の一義的責任」を課し、フリーハンドを与えることにあります。

今まで 2020年4月から
「原子力規制委員会の定期検査で、新品同様に直してから、運転します。」 「安全性維持基準に適合していたら、そのまま運転します」と言い換えることになります。
原子力規制委員会は、原発の維持管理状況の検査立会、記録確認、規制要件を各段階で確認し、その後、運転開始を許可してきた。 原子力規制検査は事業者からの報告確認と監視・評価が任務となる。

 

今までの検査基準が厳しすぎたから、つい事故を隠してしまった。その反省に立って、私達関電が検査の内容、運転期間の延長など全て、法の範囲で責任を持ちます。
ご安心ください。安全は関電が保証します。

 

 

*あの隠す!ごまかす!収賄なんでもござれの関電が、検査をして、安全確認もやるんだって。

*国民、住民の命よりも金儲けを一番優先する関電に任せられへん!

*50万円の背広を貰っても平然としている関電が、原発を動かしながら(今までは原発を止めて点検していた)検査をするという。

*原子炉の中の確認は、運転中でできないから推定でする。危険性が増すことまちがいない。

 

厳し過ぎたから、隠蔽してしまったのではなく、都合の悪いことは隠す体質が問題だ。
さらに、政府が、制度の変更を、十分説明してないことも問題である。

信頼関係が絶対的条件である原発の運営を、関電に任せるわけにはならない。

私たちの安全は「自分自身が努力し、守らなければならない。」と言われても、正確な情報を知らされず、守り切れなかったのが、福島原発事故の教訓ではないでしょうか?

声をあげましょう! 老朽原発再稼働 絶対許すな!

1 個のコメント

    • びえろん on 2019年11月10日 at 6:20 午後
    • 返信

    原子力発電所の冷却系統は、極めて危険な蒸気圧力で運転されているため、金属材質が絶対に持たないことを知れば、関西電力の言い分など詭弁だと断言できます。

    国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構のホームページです。
    https://www.jaea.go.jp/

    加圧水型原子炉の冷却系統の解説です。
    https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_02-04-03-02.html

    それによりますと、一次冷却系の蒸気の圧力は157気圧。温度は325℃です。二次冷却系でも蒸気の圧力は62気圧。温度は277℃に達します。水は100℃で沸騰しますが、圧力を高めることによって沸騰温度を上げることができます。調理に使う圧力釜がそうですね。

    この圧力の凄まじさは、かつての国鉄の蒸気機関車に当てはめてみるとよく分かります。戦前の1930年代に東京~神戸間で走っていた特急つばめ号はC51形蒸気機関車が引きましたが、ボイラー圧力は13気圧でした。それがC54形で14気圧になり、C57形で16気圧に。この数値は戦後の特急つばめ号のC62形まで変わりませんでした。

    蒸気機関車の蒸気圧力を高めると出力は向上しますが、同時にあちこちから蒸気漏れを起こしやすくなります。だから国鉄車両設計事務局は蒸気圧力の上昇には慎重でした。

    原子力発電所は、蒸気機関車とは比べ物にならない程の高い蒸気圧力で運転しており、それだけ金属材質に負担がかかります。しかも部品取替えすることが難しい。放射能で汚染されているためです。

    美浜3号機が2004年8月に冷却系配管から高温高圧蒸気が噴出して作業員が死亡しましたが、蒸気機関車のそれをはるかに上回る高温高圧蒸気を配管に通していたら、どんどん内部で減肉します。つまり、機械そのものに無理がありすぎる。絶対に運転してはなりません。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください