全国から1100人 老朽原発うごかすな‼️ 原発要らない‼️ 大合唱‼️

12月8 日14時から関電本店大包囲集会に全国から多くの方々が集まり、「老朽原発うごかすな」「原発要らない」「ワイロより廃炉」など、シュプレヒコールの大大合唱を関西電力本店ビルに向かって届ける集会が開催されました。

主催者のオール福井反原発連絡会の代表が、「老朽原発が、原発が事故を起こせば大変な事になる」「『原発は要らない』が社会の要請だ」などと開会を宣言して幕が開きました。

今回の集会は、全国から「危険な老朽原発うごかすな」の声を各地で上げ、その声を大結集したものです。これまでの長い経過と取り組みを積み上げてきたみなさんに敬意を表します。

各地の前段の取り組みの一部を紹介します。

京丹後市、宮津市、舞鶴市、福知山市、綾部市で集会・講演会が開かれました。

姫路から11/2からリレーデモが開始され、12/8関電本店に合流しました。

名古屋から集会やデモが行われ、本日デモで集会に参加されました。

滋賀・福井でも集会が多数会開かれ、11月23日(土)正午には高浜原発ゲート前で「老朽原発うごかすな!関電本店まで200キロリレーデモ」が開始され、多くの方々が集まられました。

1 個のコメント

    • びえろん on 2020年1月26日 at 10:37 PM

    その危険な原発、2020年のはじめからぞっとする事故の連続です。愛媛県にある伊方原発で、1月12日(日)、MOX核燃料を使っている3号機で、制御棒1本を引き抜く事故がありました。続いて1月25日(土)、突然電源を失う重大事故が起きました。この重大事故、原因が分からないと言うから深刻です。

    かつて電力各社は、膨大な広告費を使って民放テレビでコマーシャルを流し、プルサーマル発電は外国で常識だとか、安全だとか抜かして視聴者を洗脳し続けてきたが、今は外国の情報もインターネットで翻訳して自分で調べられますから、電力会社の言っていることがすっかりウソだとバレているんですよ。

    話を伊方原発に戻しますが、同原発は定期検査中で、MOX核燃料を取り出すため、原子炉容器上部でMOX燃料を固定している装置を引き上げようとした際、制御棒1体を一緒に引き抜いたそうです。

    これ、燃料集合体が原子炉内部で変形した可能性がありますね。だから装置を引き上げたところ、一緒にくっついてきたのだと。MOX核燃料は、普通の核燃料より高熱ですから、ありうる話です。

    さて、話は変わります。今年も、「原発のない社会へ 2020びわこ集会」が開催されます。日時は2020年3月7日(土)、午前10時開始です。場所は、大津市膳所城跡公園と、大津市生涯学習センターが会場です。おしどり マコ・ケンさん、井戸謙一さんが来られます。また、みなさんとお会いしましょう !

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください