大津で大飯原発再稼働反対関西集会

原発事故による放射能汚染からびわ湖を守ろうと、4月7日「大飯原発再稼働を許さない
4.7関西集会」(同集会実行委主催)が大津市内で開かれ、大阪・京都・滋賀から約600人が
参加した。
 びわ湖から冷たい風の吹きつける会場に、服部良一衆議院も駆けつけ、「再稼働をめざす
野田内閣の安全基準はデタラメだ。力を合わせて、もんじゅも核燃料再処理工場も止めて
原子力ゼロの社会をつくろう」とあいさつ。
 福島県南相馬市から大津市に避難している青田勝彦さんは、「東電の事故隠し体質が
福島原発事故を招き、15万人が故郷を離れて暮らす事態になった。比良さんの向こうに
若狭の原発があると思うと、大津で安心して眠れない。みんなで大きな声を出して再稼働
を止めよう」と報告。
 集会実行委共同代表の大谷和雄さん(滋賀県教組委員長)の「近畿圏は原発の地元だ。
安全な原発などない。命より大切なものはない」との訴えを受けて、デモに出発。
関電滋賀支店前では「関電は大飯原発を再稼働するな」「原発からびわ湖を守ろう」と、
抗議のシュプレヒコールを行った。
4.7集会(1)
4.7集会(2)

1 個のコメント

1 個のping

  1. まとめteみた.【大津で大飯原発再稼働反対関西集会】

    原発事故による放射能汚染からびわ湖を守ろうと、4月7日「大飯原発再稼働を許さない4.7関西集会」(同集会実行委主催)が大津市内で開かれ、大阪・京都・滋賀から約600人が参加した。びわ湖から冷たい風の吹きつける会場に、服部良一衆議院も駆けつけ、「再稼働をめざす野田…

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください