関西生コン労組支部役員の不当逮捕について抗議

9月30日関西生コン労組支部の役員が不当逮捕に関連して、滋賀県大津署前にて、
抗議集会が開かれた。
今回の滋賀県警の不当逮捕弾圧は労働者の権利と生活を守るために、生コン業界
民主化を進めめてきた産業政策・運動に対する弾圧である。沖縄の新基地建設反対運動
や脱原発など、労働組合の社会的使命にもとづいた前の労働運動を圧殺しょうとする
安倍政権の意図を反映したものと言える。
 社民党滋賀県連合は連帯のあいさつを冒頭述べて集会に参加した。
m-18-9-30-3jpg.jpg
m-18-9-30-1jpg.jpg

1 個のコメント

    • びえろん on 2018年10月7日 at 9:59 午後
    • 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。昨今のニュースを見ていますと、まるで戦前の日本に戻ってしまったかの様相に、大きな危険を感じています。軍国主義に反対する労働組合、市民を次々と逮捕していた、暗い時代の再現です。
    警察による市民の弾圧。警察が戦前の特高警察化していることの現れです。これを指示しているのが安倍独裁政権であることは明白です。恐怖で市民を服従させる安倍独裁政権を早く退陣させなければなりません。
    沖縄県知事選挙で玉城デニーさんが当選されました。市民運動と野党連合の勝利です。この動きを全国に広め、市民運動と野党連合で一日も早く安倍政権を総退陣に追い込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください