児童公園の遊具

中川てつや候補がミニ演説をしたすぐ横の児童公園。子どもたちが外で遊べる時季になってきたのに、使用禁止のすべり台、鉄棒、雲梯・・・ 昨日、別の団地でも同じ光景だった。4代の市長の下で働いてきた中川候補。かつては大津方式といわれ、ポストの数ほど保育所を! 障害のある子もいっしょに行き届いた保育を! と全国モデルになるぐらいだったが、今の市長は公立保育園を民営化に。

絶対民営化をしてはならない と力が入る。

子育て支援の指標は、待機児ゼロだけではない。

誰でも、自由に、思いっきり遊べる場がいる。

1 個のコメント

    • びえろん on 2019年6月16日 at 1:35 午後
    • 返信

    大津市は新自由主義行政を推進する現在の市長の下で、行政崩壊が進んでいます。大津市民病院は独立行政法人化されましたが、これは事実上の民営化です。これにより、儲かることを第一に病院を運営することになり、人員削減をどんどん進めています。先日の中日新聞の報道によると、救急医療に携わる医師が、仕事がきつくて殆どが退職。6月1日には、分娩も休止するなど、病院としての機能を果たせない状況に追い込まれました。

    日本政府の官僚にも言えることですが、若い頃にアメリカに留学させるという方針が原因だと思います。現在の市長も若い頃にアメリカで仕事していたそうですが、そこで新自由主義に染まってしまったのが原因かと。

    この新自由主義が日本を破滅に追い込んでいると断言できます。それを宣伝していたのは誰か。アメリカと結託した日本の支配階級です。思い出してほしいのですが、かつて1980年代、日曜日の午前中にテレビで放送されていた経済番組。民放各社で放送していましたが、それも大元締めは広告会社の電通です。電通は今はNHKも支配している。かつて上田哲さんが頑張っておられた頃は阻止していたのですが。

    その電通がテレビに出していたのが、先日亡くなった堺屋太一です。竹村健一もよく出ていましたが、現在なお活動しているのが大前研一。経営コンサルタント会社のマッキンゼー日本を支配し、ここが日本を新自由主義に洗脳しているのです。大阪維新は、堺屋太一直伝の新自由主義勢力の急進派です。労組を破壊し、学校で日の丸、君が代を強制して、反対派を粛清するという、恐るべきファシスト市長だった橋下徹。未だにテレビに出るのは、電通の後押しあってのこと。橋下には、アメリカ帝国主義勢力も深く関わっています。

    アメリカ人のデーブ・スペクター。もう40年も日本で活動している。アメリカの意向を受け、日本のマスコミをコントロールしているジャパン・ハンドラーです。アメリカ側のトップはCSIS。そこに権限が与えられているのが、あの日本破壊王の竹中平蔵。奴が日本の雇用を破壊し、今や日本の労働者の大半は非正規雇用。年収200万円に達しない労働者が、日本中に2,400万人もいる現実。日本側の本丸は竹中平蔵。時々アメリカに行って指令を受けとるそうです。

    かつての自民党には、鳩山一郎氏、石橋湛山氏のような良識派がおられ、彼らはアメリカに対抗するために、ソ連や中国との連携に力を入れていました。鳩山首相はソ連との国交を回復させ、その勢いで中国とも一挙に国交を結ぼうと動いておられましたが、辞任して石橋首相に。後継の石橋首相は、なぜかすぐ辞職しました。その後、アベのおじいの戦犯・岸信介が首相になり、中国との国交は遠のきました。残留孤児問題を長年放置されたのは、これが原因です。

    その自民党。良識派は完全につぶされ、今やCSISの子分ばかりです。今のままでは水道民営化で水質悪化が進み、水道料金も5倍になります。また国有林の木を切り放題になり、ハゲ山化が進んで山体崩壊になり、国土の破壊はますます進みます。これを打破するために、今度の選挙で社会民主党の候補者全員当選が不可欠です。頑張りましょう !

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください